ビールを適度に飲む人は心臓病のリスクが低下する!

投稿日:2016年5月16日 更新日:

beer

心臓病からの危機回避

毎日、大変な仕事を終えて家に帰ってからのビール。美味しいですよね。至福のひとときと言えるんじゃないでしょうか。

そんなあなたに朗報!

ビールを「適度に」飲む人は心臓病のリスクが減るという報告がされました。

(あくまで、「適度」が大事ですので、その点は間違えないでください)

スポンサーリンク

 

 

ビール摂取と心臓病リスク低下

ビールを1~2杯/日飲むと心臓病のリスクが低下する

1日に約800mlビールを飲む人は心臓病のリスクが25%低下する

引用元:「Independent 」

 

1週間に1、2回ビールを飲む女性は心臓発作のリスクが30%減る

50年間1500人の女性を対象に調査を行ったところ、1週間に1~2回ビールを飲む人は、全く飲まない人とたくさん飲む人に比べて心臓発作のリスクが30%減る

引用元:「Eurekalert

 

1週間に7回ビールを飲む人は心臓リスクが低下する

14629人(平均年齢55歳)を対象に調査を行ったところ、「1週間に7回ビールを飲む人」は心臓病のリスクが減り、この傾向は男性よりも女性の方がよく見られる。

引用元「OXFORD

 

まとめ

各種の報道において、数値にバラつきが見られますが、ビール摂取は「適度」であれば心臓病のリスクを低下させることができるようです。また、男女間に有意差があるようで、特に女性はビール摂取により心臓病のリスクを低下させることができるようです。

お酒は百薬の長とは言われますが、あくまで「適度」が大事ですので、飲みすぎないようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-ネット上で話題

Copyright© 危機回避.com , 2018 All Rights Reserved.