大災害の後に欲しいのは暗いニュース?それとも明るいニュース?

公開日: 2016/12/08  

大きな地震が起きると、様々な場所に被害が出ますし、死傷者のニュースが続くことが多いです。もちろん報道という面において、実情を伝えるということはとても大事なことなのですが、毎日毎日暗いニュースが続くと聞いてい人の心理的ストレスが増大する傾向にあるようです。

震災にあわれた方からも、「明るいニュースが欲しい!」という声が多く聞かれました。

「こんなにひどい状況なのに明るい話をするのは不謹慎じゃないか?」と思う方がいるかもしれませんが、暗いニュースが続くときこそ、活力になるような明るいニュースがあると人は救われるのです。

スポンサーリンク

暗いニュースはもう要らない

熊本地震の時も

スポンサーリンク

東日本大震災の時も

子どもたちを守れ! 震災のニュースを見続けるとPTSDになりやすい

 

地震が来る前に知っておきたい・用意しておきたいこと

絶対忘れないで!地震が起きたらすべきこと12選!

「これを持っていた人がうらやましかった」 経験者が語る震災の時に本当に欲しかった備蓄品リスト

知らない人は泣き寝入り! 地震保険の重要性と落とし穴

スポンサーリンク

 - 地震による危機 ,