まだ銀行に預けてるの? お金持ちがしているお金の増やし方

「お金がない」

世の中の多くの人は、お金がないことを憂いています。

「お金があれば、こんな会社辞めてやるのに」
「もっといい家に住むことができるのに」
「値段を気にせず買い物ができるのに」

でも、実際のところは「宝くじで1等が当たらないかな」とか「嫌な上司がどこかへいかないかな」と運や他人任せなことを妄想してばかり。

はっきり言って、世の中そんなうまくいくわけありません。他人がなんとかしてくれると思っているのであれば、99%あなたは今のまま変わることはできません

現在日本でも貧富の格差はどんどん広がっていっています。

あなたは、「お金を欲しいと思って、運に頼って、結局そのまま貧乏」でいますか? それとも「今の生活スタイルから脱して富裕層への仲間入り」を果たしますか?

お金を持っている人は、これからもどんどんお金が増えていきます。はたして彼らは何をしているのでしょうか?

 

貯蓄を増やす方法

貯蓄を増やすための方法は2つしかありません。「支出を減らす」か「収入を増やす」かです。

支出を減らしても大きくは貯蓄できない

しかし、支出を減らす、つまり節約しても貯蓄が劇的に増えることはありません。平均年収400万円の家庭であれば節約できたとして100万円貯蓄できればいいところです。仮に10年節約しても、ようやく1000万円です。貯蓄を増やす上で、節約は大事ですが大きく増やすという意味では物足りません。

 

日本で年収upの転職は厳しい

では、収入を増やすためにはどんな方法があるのか。一つは転職して年収アップを図ることでしょう。ただ、海外では転職するたびにステップアップしていくのに対し、日本の労働環境は終身雇用制を長年用いてきましたので、基本的には転職すると一からやり直しになります。年収アップをする人はもちろんいますが、基本的に日本は年収アップしにくい構造になっています。

 

不労所得で貯蓄を増やす

それならどうすればいいんだ!結局年収の多くないとダメじゃないかと思われるかもしれません。

もちろん年収が多ければそれだけ貯蓄はできますが、年収が多くなくてもできることがあります。それが「不労所得でお金を増やすこと」です。不労所得、つまり自分が働かなくてもお金が入ってくるシステムのことです。お金持ちの多くはこの不労所得によって、どんどんお金が増えていっていることに早く気づきましょう

 

お金は銀行に預けておいてもほとんど増えない

日本ではお金を銀行や郵便局に預けておくことが良しとされています。しかし、マイナス金利になってから、どんどん金利が下がってしまい、ついには0%になる銀行も出てきてしまいました。これでは、お金は増えるどころか、引き出しなどの手数料でマイナスにしかなりません。

 

お金持ちは投資をしている

だから、お金持ちは銀行や郵便局だけに預けるのではなく、積極的に投資にお金を回しています。日本証券業協会によると、年収が400万円未満の人で投資をしている人がわずか5%であったのに対し、1000万円以上の人は8倍以上の43%もの人が投資していることがわかりました。

 

不労所得の候補

不労所得を得る方法はいくつかあります。「不動産投資」「株」「FX」「バイナリーオプション」などあります。しかし、投資をしたことのない人がいきなり投資を始めても、市場の猛者共に食われて終了です。それでは意味がありません。投資の勉強を猛烈にできる人であれば別ですが、そうでないなら投資信託から始めてみましょう。

 

年率10%の投資信託がゴロゴロある

投資は怖いという人もいるでしょう。確かに投資の中には「FX」や「信用取引」「先物」などのように、大きなリターンを得られる代わりに大きなリスクを伴うものがあります。しかし、投資信託は投資のプロが、リスクを分散させて投資していますので、FX等に比べたらリターンは見劣りするかもしれませんが、リスクはかなり抑えられています。そして、リターンが見劣りするといっても年率10%のものは、ゴロゴロあります。100万円預けていれば、翌年は110万円になるわけです。銀行に預けていては100年経っても10%も増やせません。

 

毎年100万円ずつ投資信託に回していけば25年で1億円も夢じゃない

仮に年率10%が続くとすると、毎年100万円ずつ投資信託に預けていけば、10年後には1600万円。25年間だとなんと1億円にもなります。普通に貯めていたのでは2500万円ですから、7500万円もお金が増えるわけです。25年で割れば年収300万円アップと同じ価値が生まれるわけです。

 

おすすめの投資信託

投資信託と一口にいってもたくさんの会社がありますが、特に三井住友アセットマネジメントをお勧めします。

三井住友アセットマネジメント

三井住友アセットマネジメントは三井住友フィナンシャルグループの投資信託の会社です。

投資信託は買う時、そして売る時に「販売手数料」なるものが引かれます。ただ、この販売手数料がやっかいで価格の1~2%程度取られてしまいます。つまりせっかく投資で5%の利益が出たとしても2~4%も販売会社に取られてしまえば1%の利益しか手元に残らないということも十分に起こりうるわけです。

また、投資信託は元本保証をしているわけではありませんので、市況が悪化すれば額面も少なくなってしまいます。そんな時に販売手数料を払わないといけない投資信託会社だと、すぐに売ろうと踏み切れるひとはほとんどいません。それが販売手数料が0円であれば、潔く市場から離脱することができます。

 

よく読まれている記事

 

公開日:
最終更新日:2017/10/03