ノロウィルスによる食中毒の症状や期間について

公開日: 2016/04/14  

oister

ノロウィルスによる食中毒からの危機回避

日本でもっとも多い食中毒の原因はなんだと思いますか?そう、それは「ノロウィルス」です。名前はよく聞いたことがあると思いますが、あなたが最も気をつけなれけばいけない食中毒の原因なのでしっかり覚えておいてください。

スポンサーリンク

 

ノロウィルスについて

ノロウィルスに汚染されやすいもの

二枚貝(カキやアサリなど)が汚染されやすく、その報告が多いです。
ただ、二枚貝の中でノロウィルスが増殖するというよりは、ノロウィルスを貯めこんでしまう性質があると考えられています。
また、ノロウィルスに感染してしまった人の吐しゃ物や便を触ってしまって感染する二次感染も確認されています。
しかし、実際は7割の患者の感染源はよくわかっていません。

 

ノロウィルス発生の時期

nolo-virus

ノロウィルスは冬~春にかけてとても多い。

 

潜伏期間

24時間~48時間と言われています。

 

症状

吐き気、下痢が主な症状ですが、頭痛・腹痛・筋肉痛・倦怠感などを引き起こすこともあります。大体の人が3日間程度で回復します。

 

スポンサーリンク

対策

加熱調理したものを食べる

 ノロウィルスは90℃で90秒以上加熱すると死滅しますので、よく加熱してから食べてください。

 

感染した人の吐しゃ物や便には触れない

二次感染の恐れがありますので、感染者の吐しゃ物や便には触れないようにしましょう。また、症状が回復してからもしばらくは便の中にいるため注意が必要です。

糞便中には,通常は1週間程度,長い場合は1か月以上の長期間に渡ってウイルス粒子の排出が続きます。そのため,糞便中のウイルス粒子が手指に付着するとドアノブ等を汚染して,二次感染や集団感染の感染源となります。

引用元:「国立医薬品食品衛生研究所」

 アルコールではなく次亜塩素酸を使って消毒する

ノロウィルスにはアルコールは効きませんので、次亜塩素酸を使って消毒をしましょう。

ノロウイルスはアルコール等の一部の消毒薬では消毒できません。おう吐物など感染性のあるものを扱う際は、使い捨て手袋を利用し、ビニール袋などに密閉した上で、廃棄しましょう。消毒には次亜塩素酸ナトリウム (塩素系漂白剤)、熱湯が有効です。

引用元:「食品安全委員会HP」

 

【消毒液の作り方】

消毒液の濃度は1000ppm以上が望ましいです。これを作るためには家庭用塩素系漂白剤を使います。
これらの濃度は大体5~6%ですので、これを50倍に薄めれば1000ppm(0.1%)になります。

水500mlに対して、家庭用塩素系漂白剤をペットボトルのフタで2杯(10ml)いれる

注意点:次亜塩素酸は直射日光に当てないようにしてください。効果が薄くなってしまいます。

 

ラクトフェリンで感染を減らすことができる

ノロウィルスに感染してからでは遅そうですが、乳製品などに含まれるラクトフェリンを取ることで感染を予防することができそうです。

(1)腸の表面にぴたっと張り付き、細胞をウイルスからガード。
(2)ラクトフェリンが胃の中で変化してできる「ラクトフェリシン」という物質が直接ノロウイルスにくっつき、腸の表面にある細胞に入り込むのをガード。

引用元:「森永乳業」

 

O型はノロウィルスに感染しやすい!?

O型のヒトでの感染率が高くB型では感染率が低いことが報告されている。

引用元:「日本ウィルス学会」

なんと!血液型で感染のしやすさが違うだなんて!

ノロウィルスにも色々な「型」があり、それがヒトの血液型と合致してしまうことがあるそう。この例ではO型の人が最も感染しやすかったようですが、ウィルスはどんどん変異していきますから、今後は全ての血液型が等しく感染するかもしれません。

 

知っておきたい食中毒に関すること

【食中毒・食あたり】 症状が現れるまでの時間や原因について

最新食中毒ランキング! 気をつけるべきはやっぱりあの菌!

 

 

 - 食中毒