「赤い月」はなぜ見える? 地震が起きるって本当?

公開日: 2016/05/23  

何気なく夜空を見上げたら「月が赤かった」のを見たことがあるでしょうか。

この「赤い月」ですが、普段私達が見ている黄色い月と比べると頻度は少ないため、「今日の月が赤かったから、もうすぐ地震が来るのでは?」と不安になる方も結構いるようです。

「赤い月」はどうして見えるのでしょうか? そして、「赤い月」と「地震の発生」は関係があるのでしょうか。今回は赤い月と地震の関係についてまとめてみました。

スポンサーリンク

月が赤く見える理由

水平線近くで、水蒸気があると赤く見えやすい

月が赤く見える理由。それは「夕焼けや朝焼けの太陽が赤く見えるのと同じ理由」です。

太陽や月は通常は白や黄色っぽい光に見えますが、実は虹の色で知られる赤橙黄緑青藍紫が混ざっています。光の色によって届く距離が異なり、赤い光は遠くまで到達しますが、青い光は、途中に霧などの水蒸気があったりすると散乱してしまって遠くまで届くことができません。

また、私達の頭上にある大気の層の厚みより、水平方向(地平線の方向)の方が、大気層の厚みが厚いため、青い光は届かないけれども赤い光は届くということが起こります。

つまり、水平線の方向に水蒸気がたくさんあると、赤い月が見えやすいというわけです。

2016-05-22 red-moon

赤い月と地震は関係ある?

東日本大震災の前にも赤い月が出現していたという話のせい?

さて、それでは赤い月と地震は関係あるのでしょうか。昔から赤い月と地震は関係しているのでは?というまことしやかな噂がありますが、最近だと東日本大震災が起こった2011年3月11日の少し前に赤い月が目撃されたというものがあります。確かに、2日前に赤い月が目撃されているようです。

スポンサーリンク

過去の赤い月の目撃例と地震の発生について

赤い月の目撃例1例だけで、地震との発生を結びつけてしまうはどうかと思いますので、まずは赤い月がどの程度目撃されているのか見てみることにしましょう。

少し調べただけでも、1ヶ月に1回程度は赤い月が目撃されておりいかに赤い月の目撃例が多いかがわかります。一方の地震の発生頻度は、日本では大体震度4の地震であれば1ヶ月に4,5回程度は起きています。震度3であれば10~20回/月の頻度で起きています。

つまり、「赤い月を見た後に、日本のどこかで地震が起きる」なんていうのは日常茶飯事で、関連性があるとはとても言えません。例えば、月に1回外食する人がいたとして、「私が外食してから1週間以内に日本の何処かで地震がおきる」と言ったとしてもあたってしまうことになります。

赤い月をポジティブに考えよう!

そんな赤い月を恐れるより、もっとポジテイブにとらえたらいいと思うんです。赤く見える月ですが、「ストロベリームーン」としても話題になることがあります。同じ赤い月を見たのであれば、どうせなら幸せになれると言われるストロベリームーンだと思っていたほうが、人生よっぽど楽しいと思います。。

【赤い月とストロベリームーン】これは「地震の前兆」なのか、「恋が叶う吉兆」なのか

まとめ

月が赤く見えることは、別に珍しい話ではなく、至って日常的に起こっていることです。

100%全くの無関係なのかかと言われると、そこまで断言できる科学的なデータは確かにありませんが、数ある赤い月の中から、たまたま起こった地震とを結びつけている可能性のほうが高いと思いますので、赤い月を見たのならラッキーくらいの気持ちでいるほうが楽しいのではないでしょうか。

 

絶対忘れないで!地震が起きたらすべきこと12選!

「これを持っていた人がうらやましかった」 経験者が語る震災の時に本当に欲しかった備蓄品リスト

知らない人は泣き寝入り! 地震保険の重要性と落とし穴

 

スポンサーリンク

 

 

 - 予言・デマ・流言飛語