「これを持っていた人がうらやましかった」 経験者が語る震災の時に本当に欲しかった備蓄品リスト

公開日: 2016/04/03  

sairen

震災を経験した人が欲しかったものは何?

今日、もしあなたの住む地域に東日本大震災・熊本地震クラスの地震が来たとしたら、、、。あなたは満足な備えはできていますか?

震災になれば電気・ガス・水道が止まってしまい、普段の生活からは大きく一変してしまいます。実際に震災を経験した人たちは、何が欲しかったのか? 経験者の声をまとめていましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ライフライン復旧は電気1週間、水道1~3週間、ガス3~5週間!

まず最初に知っておきたいのは、大震災が起きた時にライフラインの復旧にはかなりの時間がかかるということです。

過去の震災を参考にしてみると、最も復旧が早い電気で1週間程度。そして、水道は1~3週間の時間が必要です。最も時間がかかるのはガスの復旧で、安全性の確認が必要なため復旧までに1ヶ月程度の時間を要することが多いです。

【備蓄の参考】地震の時のインフラ復旧日数まとめ

 

経験者が語る震災の時に本当に欲しかった物

簡易トイレ

これだけは用意しておきたかったという声が多かったのが簡易トイレです。備蓄品として用意していなかった人がかなり多かったようでした。

大きな地震が起きた後には断水することがありますが、これは飲水がないだけでなく、水洗トイレが流せないということを意味します

そして、上水道より下水道復旧は長引く傾向にあり1ヶ月以上も水が流せないということもありますので、簡易トイレに絶対に備蓄しておくべきです

 

出典:amazon

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット

スマホ用のバッテリーは必須。ソーラーバッテリーが超おすすめ!

次に多かったのがスマホ用のバッテリーでした。地震が起きた後、何をするのか? といえば、まず真っ先に情報収集をするでしょう。

「震度はどのくらいだったのか」「震源はどこか」「交通情報確認しないと」などなど、調べたいことは盛り沢山です。そしてtwitterで自分の安全を発信する人も多いでしょう。

そうこうしているうちにバッテリーはすぐになくなってしまいます。

今のご時世、スマホをよく使う人は予備バッテリーを持っている人はかなり多いと思います。しかし、大震災の場合は大震災の場合は、停電が1週間程度続く可能性がありますので、予備バッテリーだけでは全く足りません。

そもそも、普段使いをしていてもバッテリーがなくなる人がもっているのが予備バッテリーですので、大震災クラスの地震が来た場合には、あっという間になくなってしまうでしょう。

大震災のためなら、太陽さえ出ていれば無尽蔵に充電が可能なソーラーバッテリーの方が断然オススメです。

私も買いましたが、曇の日でも充電できましたので性能は十分です。何より「これを使い切ったらもう使えない」という心配がないのでストレスがたまらないのが良いのでとても気に入っています。

 

出典:amazon

ソーラーチャージャー RAVPower 折りたたみ式 大容量 24W 3ポート

 

震災時に不足するのは野菜

大きな地震の直後は、スーパーへ人が押し寄せ、食料品を始めとして棚という棚から物が消え去ってしまいます。

食料品の備蓄として、乾パンやレトルトご飯、カップラーメンなどの主食を用意している人は多いでしょう。しかし野菜を買っておこうと思っている人はほとんどいなかったようです。

大震災の後には、各地から支援物資として食料が配布されることになりますが、そのほとんどがおにぎりやパンといった主食で、野菜の供給はほとんどなかったという声が非常に多かったです。

野菜が手に入るのは2週間後くらいからのようですので、備蓄品として野菜はストックしておきましょう。

野菜ジュースやスープ、フリーズドライなどであれば長期保存が効きます。特にジュースやスープなど塩分の控えめなものがオススメです。

出典:amazon
カゴメ 野菜の保存食セット
(野菜ジュースと野菜スープのセット)
(2016年 日本災害食大賞の機能性部門で優秀賞)

 

灯油ストーブ・灯油(簡易コンロ・ガスボンベ)

stove

灯油ストーブが重宝がられる理由は大きく2つ。「暖を取れること」と「食べ物を温めることができること」ができるからです。

夏に大震災が起きたのであれば、暖を取る必要なあまりないかもしれませんが、寒さの厳しい冬だけでなく、春や秋なども朝晩は気温が下がり冷え込みます。

そんな時に暖かくしたくても、電気やガスは来ていないため暖房器具を使うことができません。けれど、灯油ストーブであればライフラインの復旧とは関係なく暖を取れるということで、東日本大震災や熊本地震を経験された方から「とても助かった」「持っていてよかった」との声が多く聞かれています。

また、灯油ストーブは体を温めるだけでなく、天板にヤカンや鍋を置けば食べ物を温めることもできます。大震災の後は温かい食べ物を手に入れることがとても難しいので、煮炊きができるものがあると大変助かります。煮炊きができるという意味で、簡易コンロやガスボンベなども備蓄しておくといいでしょう。

 

 

ドライシャンプー

髪を洗えなくて辛かったという人も多かったです。震災時は水不足になりますので、髪を洗うことができずベタベタになって気持ち悪かったのでしょう。ドライシャンプーであれば水で洗うほどではありませんが、スッキリできるのすごく良かったとの声多数ありました。

出典:amazon

ドライシャンプー スプレータイプ 150ml

 

災害時の備蓄リスト

今回紹介したもの以外にも準備すべき備蓄があります。水、食料、懐中電灯など。あなたの備蓄は揃っていますか?

【保存版】絶対準備すべき備蓄品リスト

水の備蓄は3リットル/日で十分? 忘れがちな水とは。
被災者の声から見えてくる「欲しかった食材」と「配慮に困った食材」
最近の備蓄品がすごい!バラエティ豊かなラインナップ
みんなが選ぶ美味しい缶詰ランキングTop5

 - 地震による危機