5分でわかる東京都で起きる地震発生の確率と被害予想について

公開日: 2016/11/05  

東京都民のあなた、地震の確率ってどれくらいあると思いますか? そして対策しっかりできていますか?

「いつくるか」はわからないけれど、「いつか起きる」ことだけは確実ですので、いざ地震が起きた時に困らないように早め早めに準備をすすめておきましょう。

ほかの都道府県の地震情報はこちら

東京都を揺らした過去の大きな地震

発生日地震の名称マグニチュード
1923年9月1日関東大震災7.9
2005年7月23日千葉地震6.0
2008年 5月 8日茨城地震7.0
2009年 8月11日駿河湾地震6.5
2011年 3月11日東日本大震災9.0

実は東京都を襲った大きな地震というと1923年9月1日の関東大震災までに遡ることになりますので、ここ90年近くも大きな地震が起きていません。

過去の地震の被害

その関東大震災では東京都はかなり多くなっていますので、都民のあなたはを襲った大きな地震で、被害が大きかったのは関東大震災でした。

「1923年 関東大震災(M7.9」
全壊数:20,179棟
死者数:70,387人

「2011年 東日本大震災(M9.0)」
全壊数:15棟
死者数:7人

参照元:「地震本部

東京都を揺らす地震の発生確率

地震がいつ起きるのか? それが分かれば少しは対処ができるのですが、残念ながら現代の科学ではいつ地震が起きるのかを正確に予想することはできません。けれど、「海溝型地震」については、過去の発生履歴を見てみるとおおよその可能性が割り出されます。

30年以内に発生する確率

東京都に関係する海溝型地震は「南海トラフ」「相模トラフ」「三陸沖から房総沖」になり、全国でも海溝型地震が起きやすい地域と言えます。

地震名予想マグニチュード30年以内の発生確率
南海トラフ8~970%
相良トラフ770%
三陸沖~房総沖770%

数学的には、30年以内に3つの地震のうちどれかが来る可能性は非常に高そうです。

参考元:「地震調査研究推進本部

※【南海トラフ地震】 最悪想定では死者・行方不明者32万人。経済損失220兆円

 

 

地震被害予想

被害予想(首都直下型地震)

東京都が算出した過去最大規模の首都直下型地震が起きた時の被害は以下のとおりです。

死者・行方不明者:約1万人
負傷者     :約15万人
全壊・全焼棟数 :約30万棟

さすがに首都だけあって、他都道府県と比べ、多くの建物が建っていますし、人が密集していますので被害がかなり大きくなると予想されています。

 

液状化現象に注意!(江戸川区、葛飾区、江東区、大田区)

液状化現象とは、地震の揺れによって地面が液状化してしまい、地中の水が地上に出てきてしまったり、ひどい場合には建物が傾いたりしてしまうことがある現象のことをいいます。

東京都建設局によると液状化現象が起きやすい地域は、江戸川区や葛飾区、江東区、大田区などが液状化現象が起きやすい地域になります。

内閣府の算出によれば、液状化により7000棟の家屋が全壊するとされています。

2016-11-05-toukyo-ekijouka

引用元「東京都 建設局」

 

火災に注意!(荒川区、足立区、葛飾区、台東区、墨田区)

東京都都市整備局が23区の地域危険度マップを公開していますが、それによると荒川区や足立区、葛飾区、台東区、墨田区は火災の危険性がかなり高くなっています。老朽化した木造家屋が近くにあるのであれば延焼する可能性が大いに考えられますので対策をしておきましょう。

また、東京の中でも24区内はビルが密集している地域が多いと思いますが、ビルに囲まれた場所での火災は火災旋風という「炎の竜巻」が発生しやすい環境が整っています。火災旋風は延焼スピードがかなり早いため、1923年の関東大震災では、この火災旋風によって約4万人もの方が命を落とすことにつながってしまいました。

首都直下型地震の予測では、全壊・全焼棟数が30万棟とかなりの数になっていることからも、密集地帯での火災の恐ろしさがわかると思います。

2016-11-05-toukyo-region1

引用元「東京都都市整備局」

帰宅難民になることを覚悟する

首都直下型地震が起きた場合には、地下鉄やバスなど交通機関が麻痺して大量の帰宅難民が出ることが予想されています。その数、実に520万人。その人達が一斉に自宅に帰ろうとしても帰れるもんじゃありません。

帰宅難民になることを想定して「帰宅支援マップ」「帰宅用のスニーカー」「非常食」などを会社や学校においておくようにしましょう。

出典:amazon

帰宅支援マップ 首都圏版

 

水不足にとても苦労することになる

首都直下型地震が起きた場合には1350万人もの人が水不足に困ると試算されています。水は飲水や料理用もありますが、トイレを流す水であったり、身体を洗う水など想像しているよりずっと多くの水を私たちは普段から使っています。それが一切使えなくなるのですから、普段から水を備蓄しておくことはとても重要になります。

 

耐震対策に関する助成を利用しよう

お住いの住宅が1981年(昭和56年)以前に建てられたものの場合には、注意が必要です。これは1981年に建築基準法の耐震設計が大幅に改定されたためで、阪神・淡路大震災でも倒壊した多くが1981年以前に建てられたものでした。このため、各地方自治体では、減災・耐震対策に対して公的な助成をしていることが多いです。

「耐震診断」や「耐震改修」にかかる費用の一部を助成してくれる制度がありますので、あなたやあなたの大切な家族の命を守るために積極的に利用しましょう。
東京都耐震ポータルサイト

 

地震が来る前に知っておきたい・用意しておきたいこと

絶対忘れないで!地震が起きたらすべきこと12選!

「これを持っていた人がうらやましかった」 経験者が語る震災の時に本当に欲しかった備蓄品リスト

 

 - 都道府県